ボーナスが入ったので、若干借金を返済した。今後の借金の返済計画・税金の支払い計画を考えている。借金は計画通りに返却している。これは以前から織り込み済みであるから準備がしてあった。ところが、先月に急に税務署から所得税を払えと通知が来たので、これが非常に辛いところだ。まったく予想していなかった30万円弱の税金を払えと来たので大慌てとなってしまった。

これは何とかかき集めて4月までには払えそうだが、4月の確定申告のお金が払えそうにない。キャッシングをするしかないかと思っている。それでも、来年の7月頃には税金も借金返済も終了する予定だ。そうすれば、あとは車のローンだけだ。かなり楽になる。そんな「取らぬ狸の皮算用」をしている。

願わくは、突然の大出費がおこらないことだ。今年は次男から生活費の無心を急にされて、これで返済計画がかなりおかしくなってしまった。綱渡りの毎日の自分だ。節約をしよう。正月の冬休みは2週間ほどある。でも、どこにも出かけないで、家の中でじーっとしている予定だ。ただ、来年7月の借金と税金が終わった後の、自分の静かな生活を想像しながら生きていくのだ。

現役の頃は金があった。タクシーも平気で使った。2000円ぐらいのタクシー代は何ともなかった。千円札を数枚だして「おつりは要らない」と言って、タクシーの運ちゃんに格好をつけていたものだ。しかし、今はどうか。バス代もケチって、徒歩で目的地にゆくこともある。

宝くじでも買うか?でも年末ジャンボは10枚で3000円だ。この3000円が今の自分にはとてつもない贅沢のように思える。うーん、何という人生なのだ!