若い頃の70歳に対するイメージは次のようだった。人間は70歳になったら、もう人生の裏表を知り尽くして、大変な知恵者であって、お金も少なくとも数千万円は銀行に預けてある。

少なくとも銀行に数千万円を預けてあるというイメージは、私には当てはまらない。70歳になってもこのざまだ。というのが、自虐ではあるが、真実だ。ため息が出る。とにかく、何か起死回生の一手を打ちたい。株などは元手が豊富でないと不可能だ。元手がゼロでも一千万円を稼げる方法はないか、そんなことを考えている。

ソファに横になって、iPadを片手に人様のブログを読むのは楽しい。儲かった、という話を中心に、ブログを読みあさっている。YouTuber になると一月に数百万円を稼ぐ人もいるそうだ。自分にできそうなことと言ったら、YouTubeかなと思っている。しばらく、YouTubeの方法を調べてみたい。