昨日はイオンに行った。買い物をした。人の数は少ない。やはりコロナの影響か。半袖、袖をまくり上げている人がいた。30歳ぐらいの若者か。寒さには負けないというアピールだろうな。

今日は学校だ。授業が終わったのだが、採点とか、その他に書類作成の仕事がいくつかある。新学期を迎えるに当たっての仕事もいくつかある。コロナの状況がどうなるのか気がかりだ。どうやら、感染者数は一時期よりも減っているようだ。日本だけにかぎらず、世界中レベルでの感染者数が減っているのだ。これは喜ばしいことなのだが、でも、再び増加もあり得る。卒業式や入学式は、どうなるか。昨年は急に中止となったが、今年度、来年度はどうなるか。事務局からはまだ何も連絡がないが、やはりコロナの広がりの度合いを見ているのだろう。

もう2月の半ばになってきた。昼が長くなってきたことは分かる。ただ、朝方は寒い。肌にひやりと寒気が刺す。だんだんと暖かくなってくるのだが、これでコロナが急速に終息して、人々が自由に街に繰り出せるようになれば、本当の春の到来だなと感じる。

仕事もあと2年ほどかな、と考える。来年度も今の仕事、雇用契約を更新してくれそうだが、それも健康であれば、という前提だ。健康には気をつけているつもりだ。ただ、私の糖尿病は境界上にあり、もう少し数値が悪化すると完全に糖尿病の範疇に入ってしまう。私の肉体というポンコツ車、何とかだましだまし走らせているのだが、いつまで動いてくれるか。あと2年ぐらいは動いてくれると思うが。